CARTinstagram

AndHoney(アンドハニー)はちみつに寄り添う生活

news
7.

7.

新型コロナ以降で大きく変わることがあると思っています。

 

世の中が生活の質や生きがいに重点を置くようになった今、
より慎重にモノ選びが行われると思います。

 

自分のカラダと向き合う生活のなかで、
【食】はカラダを作る源であり、
空腹を満たすだけの【食】には不満が募り、
心の不安を満たす【食】が求められていくような気がしています。

 

「生ハチミツは美味しい」や「スーパーフードであるハチミツは身体にいい」
ということだけを知っていただきたいのが私たちが取り扱う商材(ハチミツ)の事業ではなく、
ハチミツができるまでの意味や、エシカルな商品である生ハチミツ【食】が
オーガニック・ライフを輝かせる喜びを情報発信していくこと。

 

【食】を受け取る人の生き方をより豊かにする提案をできる媒体こそが
AndHoneyの役割だと思っています。


7.OSAKA HONEY

7.OSAKA HONEY

知ってほしい3つのブランド
その3
OSAKA HONEY〔大阪ハニー〕

 

2010年に都市養蜂のプロジェクトの活動を開始し、
その活動をどうやって維持していこうか、
運営の一番の課題である事業費を集めるにはどうしたらいいのか?
協賛や寄付、助成金などの仕組みを活用して
都市養蜂という環境文化活動の維持を目指すも、
世の中そんなにやさしくはありませんでした。

 

ソーシャルな活動への賛同がリアルにお金に換わっていくスピード感が、日本経済の中で立ち遅れていることをすぐに実感しました。

 

お金が作れなくて出来ては消えていく短命な文化事業やNPO事業が星の数ほどあることも知りました。

 

自分たちでお金を作っていかねばいけない。

 

世の中に意味のあることをするためには、世の中に必要な価値として評価されなければいけない。

 

それには“おいしいハチミツ”とまず実感してもらい、
品質が数値化されて安心して食べられる価値あるハチミツが日本にも存在することを知っていただくことからスタート。

 

2015年にハチミツの事業を立ちあげて
まず作った6次産業ブランドが大阪ハニーです。

 

ミツバチとともに、
現代(いま)に贈るハチミツのお菓子

 

「大阪」「日本」のこだわりとその背景にある物語を「贈りもの」という形にして、養蜂場がある地域に根ざした味わいをカタチにしました。

 

愛され続けるモノだけではなく、
時代とともに進化する贈りものをクリエーションできる地域ブランドを目指しています。

 

大阪ハニーを知っていただき、信頼できるおいしい商品を購入していいただくことで、そこで生み出された利益でミツバチプロジェクトを運営し、地域の環境緑化事業や食育などの活動を行なっているのです。

 

 


5.AndHoney

5.AndHoney

知っていてほしい、3つのマイブランド
その1 

ミツバチが都会の中で人間に寄り添いながら集めてくる都会の蜜を、人間にとって居心地の良い環境を整えてくれているミツバチたちのに感謝しながら、できる限りナチュラルなままで多くの方々にそのおいしさを知っていただき食べ続けていただく機会をつくることを使命にするブランドがAndhoneyアンドハニーです。

 

AndHoney〔アンドハニー〕の商品コンセプトは「毎日の生活に寄り添うハチミツである」こと。
食や美を育む意識を持つ人の毎日に寄り添う等身大の品揃え。

 

スプーン一杯の国産生ハチミツが、食べておいしくてカラダによくて、さらに未来の地球を大切に考えるきっかけを作ります。

 

リラックスすることや美しいものを感じることはもちろん、一つ一つのディテールを大切にしてみたり、本質をつきつめてみたり、手間をかけてみたり、カラダにいいことをしてみたり。

 

身近にある植物や自然を感じながら心地よく暮らすために寄り添うブランド
それがAndHoneyです。